Written by cookie

Amaria / ヴィヴィッド&スムースなR&Bシンガーを紹介

Artists Music R&B

フロリダ州タンパを拠点に活動するシンガーAmaria(アマリア)。2019年に最初のシングルを発表して以降、徐々に頭角を出し、EP『Bittersweet』で大きな存在感をあらわにしている注目の人物です。

今回はAmariaのヒットソングやこれまでの活動歴、また彼女の音楽的嗜好などを紹介したいと思います。

目次

  1. Amaria(アマリア)
    1.Lose Control
    2.Moon
    3.Twilight
    4.Morning
    5.Got Me Like (ft. Mick Jenkins)
  2. Ameriaの経歴

Amaria(アマリア)

名前 Amaria(アマリア)
出身 テキサス州ダラス/フロリダ州タンパを拠点
主な作品 EP『Bittersweet』2021

Amariaのヒットソング

1.Lose Control

リリース:2021年
収録作品:『Bittersweet』

デビューEP『Bittersweet』に収録、EPの幕開けの曲であり、Spotifyでは240万再生を突破する人気曲。作品のトーンを決定づけるような魅惑的な引力を持つ曲です。

2.Moon

リリース:2020年

Amariaの柔らかな歌声と、それを包み込むようなソフトなプロダクションが交差する一曲です。

飾っていないナチュラルな雰囲気が特徴的なミュージックビデオは、個人的にとても好きですね。

3.Twilight

リリース:2020年

SoulectionのメンバーであるUKのプロデューサーK, Le Maestroがプロデュースした曲。R&Bの質感に加えエレクトロ要素も入ったエモムードのある一曲です。

4.Morning

リリース:2020年

Amariaの記念すべき最初のシングル。ミドルテンポで爽やかな一曲。文字通り、清々しい朝方に聴ききたい曲です。

5.Got Me Like (w/ Mick Jenkins)

シカゴのラッパーMick Jenkinsをフィーチャーした一曲。Thelonious Martin、Tee-WaTT、Niko the Greatらがプロデュースに関わっているそうで、Thelonious Martinは個人的にも好きなプロデューサーなので上がりました。

スローリーでスムースなこの曲の雰囲気はAmariaを象徴するような色気を醸し出しています。Mick Jenkinsのロウなラップもかなりマッチしてます。

Ameriaの経歴

Amariaの出身はテキサス州ダラス。その後フロリダ州タンパへ移住しています。(現在はLAを拠点に活動しているかも?)

彼女はもともと、フォトグラファー/ビデオグラファーとして活動していました。カメラの後ろで数々のミュージシャンのプロジェクトを撮影する上で、音楽制作に対する障壁の少なさを感じたそうで、その後ミュージシャンの道を開拓。2019年に最初のシングル「Morning」をリリースしました。

「音楽をやっていない人は、スタジオが必要だとか、こんなものが必要だとか思っているようだけど、本当はパソコンとマイクとインターネットがあればいいんです」audiomack

そんなバックグラウンドを持つ彼女は、曲作りが終わる前からミュージックビデオのアイデアが浮かぶこともあるのだとか。実際に楽曲「Think About It」はディレクションからエディットまで彼女自身が行っているそうです。

Think About It

「Morning」で世に出たあとは、「Twilight」「Moon」などをはじめとする、ヒット曲やシングルをリリースし、2021年にデビューEP『Bittersweet』をリリースしました。

Bittersweet

『Bittersweet』は、ストリーミングサービスではすでに240万再生を超える曲「Lose Control」や、ラッパーMick Jenkinsをフィーチャーした「Got Me Like」などが含まれていて、アンビエントで滑らかな心地よいサウンドで構成されたEPです。

筆者自身もこの曲でAmariaを知り、彼女の音楽に衝撃を受け、この記事を書くに至った次第です。

影響を受けたアーティストにはErykah BaduやSade、Frank Oceanをあげているそうで[R]、AmariaがSpotifyで公開しているプレイリストからもその音楽的思考が感じられます。

とてもレイドバックで心地よいプレイリストなので皆さんも是非覗いてみてください。

Amariaが公開しているプレイリスト

最後に

シンガーAmariaを紹介しました。ちなみに2022年はLAのシンガーのUMIのツアーに参加することも決まっているそうです。

ここ一年(2022年8月現在)はニューリリースはないものの、リスナーはどんどん増えているそうで、注目は確実に集まっているようですね。今後にも期待したいと思います!

おすすめ記事:UMIとは / 日本人と黒人のアイデンティティをあわせ持つシンガーの魅力
おすすめ記事:SZA(シザ)とは / 情緒溢れるカジュアルなリリシストシンガー

Reference

SubmitHub「Amaria」
audiomack「Amaria’s R&B Cuts Through the Haze」

Cite from Thumbnail Image

Amaria Twitter