Written by cookie

2022年7月 / 今月のチェックマーク作品リスト

ALBUM紹介 HipHop Music R&B

その月にリリースされたもので、個人的にチェックした作品(アルバム・EP・ミックステープなど)をピックアップする記事です。

7月は以下のラインナップとなっております〜。

目次

  1. Kota the Friend – 『MEMO』
  2. Muni Long – 『Public Displays Of Affection Too』
  3. DJ Premier – 『Hip Hop 50: Vol.1』
  4. Joey Bada$$ – 『2000』
  5. ImaniCarolyn – 『Into the Blue Light』
  6. DOMi & JD BECK – 『NOT TiGHT』
  7. Brent Faiyaz – 『WASTELAND』
  8. KJ Clemente – 『Far From Finished』
  9. Rim & Eddie Kaine – 『META』

1.Kota the Friend – 『MEMO』

インディペンデントアーティスト(レーベルに所属しない独立したアーティスト)であり続ける、ブルックリンのラッパーKota the Friendの最新作。このアルバムを境に、Kotaは次の段階に踏み出し始めた気がすると語っています。

「このアルバムに関して言えば、俺にとっては多くのことの終わりという感じがするんだ。この10年、15年取り組んできたことの終わり、本の終わりのようなものだよ。 ある意味、俺はキャリアをスタートしたときから、同じ物語のさまざまな部分を語ってきた。今、俺はその物語が終わりを告げたと感じている。新しい物語が語られるときが来たんだ。それがどんな物語になるのか、興味津々だよ。」NOTION

kotaの心の成長を描いたひとつの到達点であり、彼の旅を一区切りつける一作なのだそうです。

関連記事:ブルックリンのインディーラップアーティストKota the Friendとは

2.Muni Long – 『Public Displays Of Affection Too』

リアーナ、マライア・キャリー、マドンナ、クリス・ブラウン、セレーナ・ゴメスなどのソングライターとして舞台裏の活躍も注目されている、フロリダ州ヴェロビーチ出身のシンガーソングライターMuni LongのニューEP。

ザ・R&B感がありながら、ポップな雰囲気のこの感じが好きです。

最近ではジョンレジェンドとの激甘デュエットソング「Honey」も注目されていますね。

John Legend ft. Muni Long – Honey

3.DJ Premier – 『Hip Hop 50: Vol.1』

Nas率いるMass Appealレーベルが、ヒップホップの50年を祝う「#HipHop50」プロジェクトを発足。本作はその記念すべき第1弾作品で、DJ Premier × Nas、Joey Badass、Remy Ma、Rapsody、Run the Jewels、Slick Rick、Lil Wayneのコラボがみられるという豪華な作品です。

わずか5曲であっという間に駆け抜けます◎◎◎。

4.Joey Bada$$ – 『2000』

ニューヨーク・ブルックリン出身のヒップホップアーティストJoey Bada$$の3rdアルバム。前作のアルバム『All-Amerikkkan Badass』からは約5年。そして彼の伝説的なミックステープ『1999』の10周年となった今年に『2000』で凱旋した作品です。

『1999』がニューヨークのブルックリンに住む子供が大成功を収めようとし、友だちに自慢する話だとしたら、『#2000』は同じ子供が大人になり、フェンスの反対側にいる話だ。似たような雰囲気だが、視点が違う。

『2000』は『1999』の続編ではなく、あくまで『1999』へのオマージュがある別物だそうです。「2000年代」という時代は”それ自体”であって、2000年代前半の音楽と同じように、よりスムーズなサウンドになるように意識した作品なんだそうな。

関連記事:Joey Bada$$(ジョーイ・バッドアス)とは / ブルックリンの秀才が歩んできた道

5.ImaniCarolyn – 『Into the Blue Light』

テキサス州ダラス出身のアーティストImaniCarolynの、おそらく初のアルバムです。

あまり情報が出回ってないのですが、彼女は2020年の5月より、シングル「Outside」で世に出て以来、SpotifyやApple Musicで数十万ストリームを獲得し、注目を集めているそうです。

6.DOMi & JD BECK – 『NOT TiGHT』

Anderson.Paakの新レーベルApeshit INCと契約した最初のミュージシャンで、ジャズ・デュオのDOMi & JD Beck(Domiがキーボード、JDがドラムを担当)のデビューアルバム。

Anderson.Paak,Snoop Dogg,Busta Rhymes,Herbie Hancock,Thundercat,Mac DeMarco,Kurt Rosenwinkelと、コラボレーターの豪華さもさることながら、聞けばわかる技術力と感性の凄まじさ。ジャズ素人の自分でもスキルの高さがわかります。

是非映像でもどうぞ。

DOMi & JD BECK Ft. Anderson .Paak – Take A Chance

7.Brent Faiyaz – 『WASTELAND』

グラミー賞受賞歴を持つ、メリーランド州コロンビア出身のシンガーソングライターBrent Faiyazのセカンドアルバム。Billboard 200で初登場2位を獲得しているR&Bの超注目作品ですね。

Drake、Alicia Keys、Raphael Saadiq、Tre Amani、The Neptunesがコラボレートしていて、中でもTyler the Creator、DJ Dahiとのコラボレート曲「Gravity」は個人的必聴です。

8.KJ Clemente – 『Far From Finished』

ニュージャージー・リンデンウッド出身のアンダーグラウンドラッパー/プロデューサーのKJ Clementeの新作。90年代に影響を受けるそうですが、スローバックサウンドすぎず、己のフローとビートで攻めてる感じがかっこいいです。

9.Rim & Eddie Kaine – 『META』

ニューヨーク・ブルックリン出身のラッパーEddie Kaineと相棒のRimのプロジェクト。クラシックなヒップホップのサンプリングが万歳でドープな一作です。