Written by cookie

SZA(シザ)とは / 情緒溢れるカジュアルなリリシストシンガー

Artists Music R&B

「やみくもに戦いに行くためでも、自分が最低でないことを証明するためでもなく、自分自身を驚かせるために音楽を作っているわ。自分を信頼することを学びたいの。」

代表作『Ctrl』がグラミー賞4部門にノミネートされ、賞賛されながらも、自身のベストを求め音楽を追求するシンガーSZA。

ケンドリック・ラマーらを擁する西海岸の注目レーベル「Top Dawg Entertainment」に見出されて以降、壮麗で感情的な歌声を武器に、数々のヒット作に絡んできました。

今回はSZAの魅力を紐解くべく、彼女の歴史やこれまでの音楽的な影響、トップヒットソングなどを紹介します。

目次

  1. SZA(シザ)
    ステージネーム「SZA」の名前の由来
  2. SZA(シザ)トップヒットソング
    1.SZA – Love Galore ft. Travis Scott
    2.The Weekend
    3.Good Days
    4.Broken Clocks
    5.Drew Barrymore
    ex.Doja Cat – Kiss Me More ft. SZA
    ex.Kendrick Lamar, SZA – All The Stars
    ex.Maroon 5 – What Lovers Do ft. SZA
  3. SZAの半生を辿る
    幼い頃からイスラム教徒として育つ
    本格的に歌い始めたのは20代
    2013年にTop Dawg Entertainmentとの契約を果たす
  4. 大ヒットアルバム『Ctrl』を紹介
  5. 音楽的思考など

SZA(シザ)

名前 SZA(シザ)
本名 Solána Imani Rowe(ソラーナ・イマニ・ロウ)
生年月日 1989年11月8日
出身 ミズーリ州セントルイス
主な作品 ALBUM
・『Ctrl』2017
EP
・『See.SZA.Run』2012
・『S』2013
・『Z』2014

SZA(シザ)は、ミズーリ州セントルイス生まれ。ニュージャージー州メープルウッド出身のシンガーです。

「オルタナティブ・ロック、トラディショナルR&B、ヒップホップ、カントリーまでこなす」と言われ、彼女の感情的な歌声や、脆弱さを感じる詩的なリリックには多くの共感が集まります。

2013年にレーベル初の女性アーティストとしてTop Dawg Entertainmentと契約。

2017年にリリースしたデビューアルバム『Ctrl』はグラミー賞に4度ノミネート。また、コーチェラのメインステージでパフォーマンスを行い、これまでにはビヨンセ、リアーナ、ポスト・マローン、ドージャ・キャット、ミーガン・ザ・スタリオンなどのスーパースターの楽曲にも携わっています。

シングル「Good Days」はビルボードでトップ10シングルとなり、映画『ブラックパンサー』のサウンドトラックに起用された、レーベルメイトのケンドリック・ラマーとのコラボ曲「All the Stars」は10億ストリームを超えています。

近年では環境問題にも着目し、特に人種差別などに起因する環境問題を改善しようという働きも行なっています。

ステージネーム「SZA」の名前の由来

SZAの名前は「Supreme Alphabet(詳しくは後述)」という、アルファベット一つ一つに意味が込められた、Five-Percent Nation(ファイブ・パーセント・ネーション)の中のシステムからインスピレーションを得たものだそうです。また、その引用も相まって、ウータンクランのRZAよりそのヒントを得たとも言われています。

それぞれの意味は以下の通り。

  • 「S」=「救世主」
  • 「Z」=「Zig-Zag-Zig (知識[Knowledge]から知恵[Wisdom]、理解への意味だそう)」
  • 「A」=「アッラー」

Sの「救世主」という意味については、SZA自身はしっくりきていないそうで、「主権者」でも「救世主」でも、「あなたの解釈に任せるわ」と語っています。[R]

もともとは本名のSolánaの略「Sos」から派生した「Sosa」の名前で活動していたそうですが、シカゴの人気ラッパーChief Keef(チーフ・キーフ)の別名が同じ「Sosa」だったことで名前をSZAへ変更したのだとか。

Supreme Alphabet(シュプリーム・アルファベット)

1964年にニューヨーク・マンハッタン・ハーレム地区で設立された、イスラムの影響を受けた黒人民族主義運動である「Five-Percent Nation(ファイブ・パーセント・ネーション)[R]」の中のシステムの一つ。ローマ字の文字ごとに意味を割り当てて文章を解釈し、より深い意味を見出すシステムのことです。例えば、Aはアッラー、Pはパワー、WはWisdom(知恵)など、A~Zまでそれぞれに意味が込められています。[R]

SZA(シザ)トップヒットソング

1.SZA – Love Galore ft. Travis Scott

リリース:2017年4月27日
収録作品:『Ctrl』

テキサス州ヒューストン出身のラッパーTravis Scott(トラヴィス・スコット)をフィーチャーした大ヒット曲。過去の恋人への欲望、後悔と反省、回復と再生を、不健全な恋愛の関係性とともに描いた歌です。

ミュージックビデオでは恋人役であるトラヴィスが天誅されてますが、自分を傷つけた相手を罰するためにヒットマンを雇ったという流れのようです。

トロピカルサウンド調な軽快さもありながら、絶妙な余韻、奥深さの強い曲です。

2.The Weekend

リリース:2017年6月9日
収録作品:『Ctrl』

男性をタイムシェアリングする(一夫多妻)という、思いがけないアイデアが詰まった恋愛ソング。曲中では一人の男性に対し、3人の女性についてを歌っています。

「インターネットが普及したことで、多くの情報を得ることができるようになって、恋愛をすることが難しくなったんじゃないかな。常に新しいもの、新しいもの、新しいもの、もっと、もっと、もっと。一人の人間であることが、制限のように思えてしまうの。誰もが過度の刺激に慣れているわ。」VULTURE

一見すれば「浮気」とも言える関係性ですが、「取り合う」のではなく「高め合う」方向へと目線を向けている点がポイント。

「私は自分の意思で選んだんだ。例えばあなたにはたくさんの女の子がいる、たぶん。でも、私は気にしない。」VULTURE

テーマの秀才さもさることながら、サウンドもバッチリすぎる一曲。Calvin HarrisとのFunk Wav Remixも良いので是非。

SZA x Calvin Harris – The Weekend (Funk Wav Remix)

3.Good Days

リリース:2020年12月25日
収録作品:『SZA2*』

今後リリース予定のSZAのセカンドアルバムに収録予定の一曲。彼女にとって、ソロ作品として初のビルボード・ホット100のトップ10入りを果たしました。

この曲は、ネガティブな過去より、良い未来へ目を向けることを歌っています。クリスマスにサプライズリリースされた曲ですが、ホリデーソングのワクワク感よりも、アンビエントなしっぽり感を感じさせる曲です。

4.Broken Clocks

リリース:2017年6月2日
収録作品:『Ctrl』

アルバム『Ctrl』からの3rdシングル。『Ctrl』制作中の一番好きな思い出が、共同製作者の一人であるCarter Langの祖母の家での時間だったそうで、そこでのセッションから生まれた曲の一つなのだとか。

Run fast from my day job / 日雇いの仕事から早く逃げて
Runnin' fast from the way it was / これまでのやり方から早く逃げて
Jump quick to a pay check / 給料に飛びついて
Runnin' back to the strip club / ストリップクラブに逃げ帰る
I’m never going back, never going back / 私は決して戻らないし帰らない
No you can’t make me / あなたは私に強制できないわ

と歌ったこの曲は、愛や仕事、生活のバランスについて歌った曲で、過去にお金に苦労していた背景もリンクしているそうです。今後を考える自身と、刹那的な感情が混ざり合っている内省的な歌です。

「卒業後は適当に仕事をしてたんだ。科学者になって世界を旅するとか、そんなことを考えてたのよ。でもその間、お金が必要だった。どの仕事もクビになったけどね。」billboard

5.Drew Barrymore

リリース:2017年1月13日
収録作品:『Ctrl』

恋愛的な嫉妬が滲む歌詞で、少し自身がなさげなSZAが垣間見える曲。「Why is it so hard to accept the party is over?(パーティーが終わったこと何でこんなに認めたくないんだろう)」と歌詞にもありますが、この曲はそんなパーティでの出来事について歌っているそうです。

「ある男の子のために行ったパーティーのことを書いたのよ…。私はとても興奮していたんだけど、その男の子が女の子を連れてきたことがわかったんだ…。」Genius

「別に気にしてないけどね」と強がる心の声も聞こえてくるような、そんな曲ですね。

ex.Doja Cat – Kiss Me More ft. SZA

リリース:2021年4月9日
収録作品:Doja Cat『Planet Her』

SZAとDoja Cat(ドージャ・キャット)の初のコラボ曲。Doja Catのサードアルバム『Planet Her』に収録され、多数の国でチャートトップ5入り、またグラミー賞の「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」を受賞しました。二人にとって初のグラミー賞獲得となった記念すべき曲でもあります。

ex.Kendrick Lamar, SZA – All The Stars

リリース:2018年1月4日
収録作品:Kendrick Lamar, The Weeknd & SZA『2018年1月4日』

レーベルメイトのラッパーKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)とのコラボ曲で、映画『ブラックパンサー』のサウンドトラックアルバムのリードシングルとしてリリースされました。

この曲の反響は凄まじく、第76回ゴールデン・グローブ賞、第91回アカデミー賞でオリジナル楽曲賞へのノミネート。また、第61回グラミー賞「レコード・オブ・ザ・イヤー」「ソング・オブ・ザ・イヤー」などへノミネート。ミュージックビデオが2018 MTV Video Music Awardsで「最優秀視覚効果賞」の受賞という功績を獲得しています。

ex.Maroon 5 – What Lovers Do ft. SZA

リリース:2017年8月30日
収録作品:Maroon 5『Red Pill Blues』

アメリカの有名バンドMaroon 5(マルーン5)とのコラボ曲。Maroon 5の6thアルバム『Red Pill Blues』に収録されました。

ビルボードホット100で9位を記録したこの曲は、SZAにとって初のトップ10入りした曲でもあります。

SZAの半生を辿る

幼い頃からイスラム教徒として育つ

SZAは生まれはセントルイス。出身はニュージャージーのメープルウッド。小さく静かな街で、白人が多く、ユダヤ系が多い場所だったそう。

イスラム教徒で、CNNのエグゼクティブ・プロデューサーである父親と、キリスト教徒で、AT&Tの重役で数ヶ国語を話せる母親の間に生まれたSZA。父の影響で、正統派イスラム教徒として育てられたそうです。

イスラム教の影響もあり、肌の露出が少ない服を普段から着ていた彼女は、当時夢中だったチアリーディングや体操の時間もレギンスと長袖を着ていたのだとか。父親は厳格ではありながらも、寛容で優しい面もある人物だったそうです。

「母は実はクリスチャンなんだけど、(イスラム教の金曜礼拝)ジュムアには行くし、家にクリスマスツリーもなかったわ。私が大きくなってから、父が “とても小さなクリスマスツリーはあってもいいが、電飾はつけるな” と言ってくれるようになったの。」COMPLEX

中学生になった頃、9.11が起こったことで、学校での立場が不穏な空気に。

「学校で攻撃され、バカにされた。父のモスクが攻撃され、最悪の時期だった。私はただ普通の人になりたかった。学校ではみんなに溶け込みたかったから、ヒジャブを脱いでいたんだ。」COMPLEX

しかし高校生になってからも、体操とチアリーディングのとき以外はヒジャブを被っていたそうです。それがまた反感を買ったりして、徐々に被らなくなったのだとか。

「地に足がついていないような、気が狂いそうな気分になってきたんだと思う。動揺していたから、慣れ親しんだものに戻らなければと思ってまた被り始めたの。それが上手くいかなくてからかわれたり、反感を買ったりした。それからは、もう辞めたわ。」COMPLEX

それがきっかけで父親と対立し、口を聞かなくなったりもしたのだそうです。そんな時期を経てもなお、イスラム教は「心地よい居場所」であることを語っています。

「私は永遠にイスラム教が一番心地よいと思う。他のすべてのものの中で私にとって最も理にかなっているし、変動要因が少なく、ヒューマンエラーの余地も少ない。とても厳格だけど、信頼できるからこそ安全なの。」COMPLEX

ヒジャブ

アラビア語で「覆うもの」を意味する言葉。ムスリム(イスラム教徒)の女性が頭や顔を覆うスカーフのことを指して呼ぶことも多いそうです。

本格的に歌い始めたのは20代

SZAの学生時代の専攻は海洋生物学。当時はナショナルジオグラフィックの雑誌を集めて、アニマルプラネットの「Orangutan Island」を一晩中見るほどのオタクだったそう。

「13年間体操選手だったから高校時代は体操の練習に行って、それ以外の時間は一人で科学オタクをしていたわ。」billboard

彼女は体操選手としても活躍していたので、スポーツか科学オタク漬けの日々を過ごしていたそうです。

2013年のインタビューでは、「歌を歌い始めたのはいつ?」という質問に対し「1年前くらいかな」と語っています。

「歌い始めたのは昨日のことのようだよ。リアルに言うと、1年前くらいかな。」billboard

「私は幼い頃から歌ったことがなくて、教会の聖歌隊とかにも入っていなかったわ。」billboard

このインタビューの頃、SZAは23歳だったので、本格的に歌い始めたのは最初のEP『See.SZA.Run』をリリースした22歳頃だったということになります。

2013年にTop Dawg Entertainmentとの契約を果たす

海洋生物学を学んでいた大学は一年で中退。19歳の頃、SZAは友人や家族の勧めもあって音楽活動を開始します。初めの頃は、Mnhattnという名前で活動していたラッパーの兄弟のバックヴォーカルを務めたりしていたそうです。

2011年に、ケンドリック・ラマーのグラマシー・シアターでのショーで、TDEの共同設立者であるパンチと出会います。(当時SZAが働いていたストリートウェアブランドの「10Deep」が、このショーのスポンサーだったことがきっかけでの出会いだったそう)

共に来場していた友人アシュリーが流していたSZAの曲がパンチの耳にとまり、この件がきっかけで後の契約につながったそうです。

2012年に最初のEP『See.SZA.Run』。翌年には2作目『S』をリリースした後、TDEと契約。2014年にレーベルから『S』に続く作品で、ケンドリック・ラマーやチャンス・ザ・ラッパーらをフィーチャーした『Z』を発表し、レーベルデビューを果たしました。

『See.SZA.Run EP』

『S』

『Z』

関連記事:チャンス・ザ・ラッパー(Chance The Rapper)を紹介 / 経歴からリリースアルバムまで

大ヒットアルバム『Ctrl』を紹介

2017年6月9日にTDE/RCA RecordsからリリースされたSZAのデビュー・スタジオ・アルバム。USビルボード200では初登場3位を記録し、アルバムと収録曲はグラミー賞の4部門にノミネートされました。作品の影響もあり、SZA自身も最優秀新人賞にノミネート。多くの音楽誌で「この年のベストミュージックリスト」に加えられた作品です。

しかし、多くの人がグラミー賞の受賞をかなり期待していた作品だけに、賞を逃したときの反響(ファンの憤慨)もなかなか大きかったのだとか。

SZA自身はこのアルバムのヒットについて、謙遜している(賞を逃した悔しさと遠慮が入り混じる感じの)様子でありつつ、「ただただ感謝している」と語っています。

「『Ctrl』の成功に感動しなかったのは、他の自分の作品を作るときと同じような感覚だったからなんだ。それよりも、人々がこの作品に感動してくれたことに感謝したし、圧倒されたわ。」Wonderland

「このアルバムはどうせ大したことないだろうと思っていたの。ノミネートされたことや、多くの人が私の音楽で興奮してくれたことに、とても感謝しているんだ。」GQ

2017年にリリースされたアルバムですが、いまだ色褪せないものがある、本物の秀作ではないでしょうか。『Ctrl』のヒット曲は記事冒頭のトップヒッツでも紹介してるので、見逃した方は是非ご覧ください。

また2022年6月には、7曲がさらに追加されたデラックスエディションもリリースされているので、合わせてチェックしてみてください!

音楽的思考など

SZAは厳格な家庭で育ったことから、幼い頃は「歌詞のない音楽」を聴いて育ったといいます。

「父はとても厳格な人だったから、私に聴かせる音楽はほとんど歌詞がないものばかりだったわ。マイルス・デイヴィスとかコルトレーンとか、そういうのが多かったね。」billboard

マイルス・デイヴィス、コルトレーンのほか、ビリー・ホリデイ、ルイ・アームストロングなど、音楽の選択肢の幅は狭かったそう。

その後、自分とはルーツの違う異母姉妹がきっかけでウータン、キャッシュマネー、リルジョンなど聴くように。それが見つかった時は父親に激怒されたこともあったそうです。

「あるとき姉妹の留守番電話からリル・ジョンの曲が流れてきて、その曲のためにリル・ジョンのCDを買ったよ。歌はそんなに好きじゃなかったけど、彼女に近づけたような気がしたの。もちろん父はそれを見つけて捨て、私を外出禁止にしたわ。」COMPLEX

そのほかにも以下のような(よく聴く&聴いてきた)アーティストの名前をインタビューでは挙げていました。

Common、Purity Ring、Animal Collective、The Knife、Beirut、、Beach Boys、Ella Fitzgerald、Hiatus Kaiyote、Frank Ocean、Tiana Major9、Fousheé、Jean Dawson、Don Toliver、Summer Walker、Kehlani、Ari LennoxKota the Friend、 etc…

最後に

SZAを紹介しました。2021年にはこれまでのヒットソングを披露したバーチャルショーも行われ、彼女のYoutubeチャンネルでアーカイブされているので、興味のある方は是非。

GREY GOOSE® Essences In Bloom | Imagined by SZA

おすすめ記事:Mahalia(マへリア)とは / イギリス出身のサイコ・アコースティック・ソウルアーティスト
おすすめ記事:最新R&Bプレイリスト「Take It Easy」Vol.20

Reference

okayplayer「SZA Opens up About Losing Loved Ones, Depression & Creating Music With Stevie Wonder」
COMPLEX「Why SZA’s Next Album May Be Her Last」
VOGUE「‘I Never Imagined I’d Make It This Far’: SZA On Making New Music and Practicing Self-Love」
VULTURE「SZA Is Finally in Ctrl」
billboard「SZA Talks Quitting Her Day Job, Working With Holy Other & Emile Haynie」
Genius「SZA」
Wonderland.「SZA」
GQ「The New Soul of SZA」
NICKI SWIFT「What Is The Meaning Behind SZA’s Name?」
Wikipedia「Five-Percent Nation」
Urban Dictionary 「supreme alphabet」

Cite from Thumbnail Image

https://www.facebook.com/sza