Written by cookie

最新R&Bプレイリスト「Take It Easy」Vol.21

Music Playlists R&B

Spotifyで公開している最新R&Bのプレイリスト「Take It Easy」更新お知らせ記事です。今回でVol.21。プレイリストの中から5曲をピックアップし、アーティストや曲についての紹介をします。

プレイリストはこちら。更新の度に内容が変わるので「いいね」で常にチェックしてもらえると嬉しいです。

目次

  1. bLAck pARty – Hotline
  2. Leikeli47 – Done Right
  3. B. Bravo – Fly Bye (feat. Reva Devito)
  4. Ravyn Lenae – 3D (feat. Smino)
  5. UMI – everything will be alright

1.bLAck pARty – Hotline

アーカンザス生まれ、ロサンゼルスを拠点とするアーティスト、プロデューサー、ソングライター、マルチインストゥルメンタリストのbLAck pARtyの新曲です。夏を意識した爽やかバップで、レトロな雰囲気と暖かみのあるシンセが特徴的な一曲。

レトロな電話、レトロなテレビ、ビデオテープ粒子など、オールドスクールな質感満載のミュージックビデオもまたマッチしています。

2.Leikeli47 – Done Right

覆面がトレードマークのニューヨークのブルックリン出身のラッパーLeikeli47のニューアルバム『Shape Up』に収録。

ちなみにこの曲はアルバムの6曲目に収録されております。それまではラップがバチバチの鋭い曲だったりと、クールなヒップホップの流れなんですが、その流れを急に裏切るのがこの曲。

90’sスロージャムを思わせるようなメロディのある感じが特徴で、ガッツリなラップソングからの流れもあいまって、「ラップもかっこいいのに、歌もこんなに上手いの!?」と思わされるのは必至。耳に刺さった曲でした。感服です。

3.B. Bravo – Fly Bye (feat. Reva Devito)

レッドブルミュージックアカデミーの卒業生にして、ロサンゼルスはカリフォルニアのプロデューサーB. Bravoと、ポートランド出身のシンガーReva Devitoのコラボソング。

5月20日にリリースされたB. Bravoのフルアルバム『Vizionz』に収録された曲で、B. Bravoが織りなす特有のシンセ系R&Bグルーブが、Reva Devitoの歌声と最強にシンクロしている一曲です。

4.Ravyn Lenae – 3D (feat. Smino)

シカゴ出身のシンガーRavyn Lenae(レイヴン・レネー)のデビュー作『HYPNOS』に収録。自身も所属している音楽集団Zero Fatigueの創設者であるSminoをフィーチャー。過去にはSminoのアルバムにも参加しておりまして、かなり秀逸な歌声を披露している人物です。

Smino – Glass Flows(ft. Ravyn Lenae)

また彼女自身の作品では、過去にThe Internetのスティーブ・レイシーともコラボEPをリリースしていたのもあり、注目されていた存在でした。

『HYPNOS』は、そんなレイブンのデビューアルバムということで界隈でざわつきをみせている印象で、多くのリスナー心を掴んでいる作品だと思います。「3D」は自分も注目しているSminoとのコラボとあってリストインさせて頂いた次第です。

しかしこのミュージックビデオの奇妙な感じは何なのだろうか。

関連記事:Smino / セントルイスをルーツに持つソウルディテールラッパー
関連記事:5つの個性が集結するバンド「The Internet(ジ・インターネット)」の魅力

5.UMI – everything will be alright

シアトル出身。母親が日本人ということもあり、日本にも縁のあるシンガーソングライターUMIの、ニューアルバム『Forest in the City』に収録された曲です。

何故か私の心は gold
愛の意味はなんだろ yeah
何とかわかるas I got older
So baby girl, you should let down your shoulder
Got my ego going crazy, gotta get out of my mind
Got me doubting what we started, I should take a step aside
君のこと
考えると
I wanna run and hide
But then I remember (Hahaha)

など、冒頭やサビの歌詞には日本語も散りばめられており、爽やかなシンセとスムースなノリを感じるレイドバックサウンド。心地よいけど心は踊る感じで、絶妙に良いところを突いてくる一曲です。

アルバム全体としては、タイトル「Forest in the City」という名のとおり、都会のノイズに疲れた現代人を癒す「音のオアシス」を届ける意味が込められているそうです。

最後に

今回はこのタイミングでリリースアルバムが多くて、同アーティストで同アルバムから2曲入れるのが多かったのですが(もっと入れたかったのもある)、この辺のアルバム(Leikeli47『Shape Up』、Thaïs Lona『Cube』など)がすこぶる良いので、お時間ある方は是非聴いてみてください。

おすすめ記事:2022年5月 / 今月のチェックマーク作品リスト