Written by cookie

Ivy Sole / 内省的スピリチュアルラッパーの魅力

Artists HipHop Music

トラップのジャズコードとブームバップのインディーズサンプルをこよなく愛するフィラデルフィアのラッパーIvy Sole。脳裏を突くトラックセンスと、病みつきになる落ち着いたフロウが魅力です。

今回はそんなIvy Soleを紹介。トップヒットソングや、生い立ちを振り返り、彼女の魅力を深掘りします。

目次

  1. Ivy Soleのトップヒットソング
    1.Dream Girl
    2.Life ft. Dave B
    3.Rollercoaster
    4.Backwoods ft. Anyee Wright
    5.One More Night ft. Topaz Jones
  2. Ivy Soleが歩んできた道
    幼少期
    16歳でラッパーを志す
    最初のプロジェクト『Eden』でソロの道へ
  3. 注目の2作品を紹介
    『Overgrown』
    『Candid』

プロフィール

名前 Ivy Sole(アイビー・ソール)
本名 Taylor McLendon(テイラー・マクレンドン)
生年月日 1995年
出身 ペンシルベニア州フィラデルフィア
主な作品 ALBUM
・『Eden』 (2016)
・『Overgrown』 (2018)
・『Candid』(2022)
EP
・『West』 (2017)
・『East』 (2017)
・『SOUTHPAW』 (2020)

Ivy Soleは、ノースカロライナ州シャーロット出身、ペンシルバニア州フィラデルフィアを拠点に活動するラッパーです。

サウスラップ、ゴスペル、ソウル、スポークンワード、ブームバップなど様々な音楽の影響を受けた彼女の音楽は、地に足がついていて、内省的。クィアとして育ったアイデンティティをふまえ、スピリチュアルなサウンドや、いなたいプロダクションの上で、セクシャリティやメンタリティに関する率直なリリックで自身を表現しています。

10代の頃にラップに目覚め、Indigold、Liberal Artなどのグループで活動した後、2016年にデビュープロジェクト『Eden』にてソロ活動を開始。以降2部構成のプロジェクト『EAST』、『WEST』、2018年の『Overgrown』、2022年の『Candid』など作品を勢力的にリリースし、リスナーを彼女の思考と宇宙の世界へ誘っています。

Ivy Soleのトップヒットソング

1.Dream Girl

リリース:2016年4月12日
収録作品:『Eden』

ジャズ界の有名なオルガニストLonnie Smithの楽曲「It’s Changed」のジャジーなループが起用された曲。Ivy Soleのデビュープロジェクト『Eden』に収録されています。

心地よさ・暖かさを感じるレイドバックミュージックです。

2.Life ft. Dave B

リリース:2016年12月15日
収録作品:『EAST』

Ivyの2nd EP『East』に収録。ワシントン州シアトル出身のミュージシャンDave B(デイヴ・B)をフィーチャーした一曲です。

Life is short
(人生は短い)
Life is simple
(人生はシンプルだ)
Life is joy
(人生は喜びであり)
And life is pain
(そして人生は痛み)
Life is wonderful
(人生は素晴らしいものであり)
And terrible
(そして恐ろしい)
But it's beautiful
(でもそれは美しい)
And love's the same
(そして愛は同じ)

と歌ったこの曲は、彼女が大学時代に友人を亡くしたという出来事からインスパイアを受けたものだそうです。

「この歌詞は本当に私のマントラなんだ。試練の中で、痛みや苦労は一時的なものだと思い出す方法だよ。」NPR

ミュージックビデオでは、自分の悪魔と戦う主人公の物語が描かれています。

3.Rollercoaster

リリース:2018年6月12日
収録作品:『OVERGROWN』

Ivyの2ndアルバム『OVERGROWN』のリードトラック。

彼女のスムースなボーカルはそのままながら、バウンスの効いたトラックがどこか00年代のR&Bを彷彿とさせる一曲です。

4.Backwoods ft. Anyee Wright

リリース:2018年9月18日
収録作品:『OVERGROWN』

アルバム『OVERGROWN』の中で、「Rollercoaster」に続くリードトラック。シャーロットで育った若かりしIvyの思い出が語られた曲です。地元のアーティストAnyee Wrightがフィーチャーされています。

「このビデオは、友人と一緒に10代にありがちな悪ふざけをして過ごす様子を映し出したものだけど、私の出身地の人々がなぜ自由を危険にさらすことになるのか、その理由も問いかけているんだ。愛する人のためなら何でもするというのは、あながち間違ってはいないと思う。」wxpn

5.One More Night ft. Topaz Jones

リリース:2021年10月26日
収録作品:『Candid』

ニュージャージーを拠点とするヒップホップアーティストTopaz Jones(トーパズ・ジョーンズ)をフィーチャーした一曲です。

「この曲は、私が心に描いていた女性に直接語りかける曲でありながら、リスナーに想像の余地を与えてくれるものなんだ。」STEREOFOX

自分から誘ったわけでもない「誰か」が心の中に現れて、その「瞬間」の記憶・イメージ・感情に対して、自分がどのように行動するかを描いた曲なのだそうです。

上記は難しい表現をしてますが、「恋愛における最初の喜びや感情」を表現した歌なのかなーと個人的には解釈しております。

Ivy Soleが歩んできた道

幼少期

Ivy Soleはペンシルベニア州フィラデルフィアで生まれ、ノースカロライナ州シャーロットの南部バプティストで育ちました。5歳の頃にバイオリンを始め、その後ピアノ、クラリネット、ファゴットなどの楽器を手にしたそうです。

「生まれた時はラップじゃなくて、歌ってたんだ。私の母は、子供たちが楽器を演奏できるという事にとても熱心だから、楽器を演奏してたよ。だから最初はヴァイオリンをやっていて、それからピアノや他のバンド楽器に移ったんだ。」VIBE

また母親が教会の創設メンバーだった事もあり、週のうち数日は教会に通っていたそう。

「私は自分がクリスチャンだとは思っていないけど、小さい頃たくさんの時間を教会で過ごしたから、教会には好感を持っているんだ。」INTO

16歳でラッパーを志す

ラッパーになりたいと思ったのは16歳の頃で、Blu & Exile、Dom Kennedy、The Cool Kids、Wiz Khalifa、Mac Miller、Jill Scott、The Roots、Bilal、D’Angelo、Musiq Soulchild、J Dillaなど(ほか多数)のアーティストや、Soulquariansコレクティブ、フィラデルフィアのBlack Lilyムーブメント(女性アーティスト支援に力を入れる団体)などに影響を受けているそうです。

「16歳のときからヒップホップアーティスト、ラッパーになりたいと思ってた。音楽を作り始めて、その可能性に気づいたんだ。ウィズ・カリファやマック・ミラーのような人たちからインスピレーションを受けたよ。」wxpn

2011年にフィラデルフィアに引っ越し、ペンシルベニア大学のウォートン・スクールでビジネスを学びます。ダンス、詩、演技などの課外活動でスキルを磨き、2014年の「Free Fallin’」などのヒット曲で音楽シーンに登場しました。

最初のプロジェクト『Eden』でソロの道へ

大学で学んだことを活かし、卒業する頃には音楽で生計を立てる自信もついていたというIvyは、当時「Liberal Arts」というグループで活動していましたが、方向性の違いで解散。

その後も「Indigold」というトリオを結成しEPをリリースしていますが、同じく方向性の違いから解散することとなります。

「みんな興味があることがバラバラだったから、分散してしまったんだ。」wxpn

「その後、インディゴールドというテープを2人の仲間と作ったんだ。小さなEPみたいなものだったんだけど、彼らも同じように “音楽は好きだけどピッチフォークで記事を書きたいし、サウンドクラウドで働きたい” って言うから、 “音楽を作りたいのにどうしたらいいんだろう” と思って。」wxpn

この経験がきっかけとなり、Ivyはソロ作品『Eden』を2016年にリリースします。彼女はもともと、グループや共同作業が好きだそうなのですが、「この作品のおかげで一人でやっていく自信がついた」と語っています。

「Edenは、自分にとって生まれ変わるような、新しい世界の始まりのような気がして作ったんだ。」wxpn

「私はいつも、グループや共同作業のような状況の中にいるのが好きなんだ。他の人のエネルギーを吸収するのが好きだからね。でもEdenは私に一人でやっていく自信を与えてくれた。」wxpn

2017年には2部構成のプロジェクト『EAST』と『WEST』をリリースした後、注目作である2ndアルバム『Overgrown』のリリースへと続きます。

注目の2作品を紹介

『Overgrown』

2018年9月18日にリリース。ドイツにてわずか14日間で書き上げたというIvy Soleのセカンドプロジェクトです。リリースの2年前に「私の人生が何か向かっているように感じた」ことから、書き留めていた「Overgrown」というフレーズを取ってアルバムタイトルとしたのだそうです。

Mac MillerやBlu & Exileから影響を受けたという、彼女のアーティスト性を反映するようなプロダクションワークを感じる作品ですね。

「私は自然を自分の延長線上に考えているんだ。」INTO

と語るIvyのスピリチュアリティと、彼女の性的特性であるクィアネス[*]が反映された作品だとも言われています。[R]

またこのアルバムには「セカンドチャンス」という、もう一つのテーマがあるそう。クローズソングの「Les Fleur」では、

I hope you get the flowers that you deserve, I hope you tend your garden, and I hope you love the work
(あなたにふさわしい花が咲くように、あなたが庭を手入れするように、そしてあなたがその仕事を愛するように)

と、リスナーへ向けた、慰めや許しのメッセージも込められています。

「このアルバムは、自分がしてしまったこと、そして自分に起こったことを許すということをテーマにしているんだ。」vice

クィア(Queer)

性的マイノリティを表すLGBTQのQにあたるのがクィアです(クエスチョニングも意味するそう)。LGBTのどれにも当たらない性的指向・性自認を包括した意味合いを持っています。ただし定義があいまいな部分もあり、一言で表せない広義的な意味を持つ言葉でもあるそうです。

『Candid』

2022年2月4日リリース。13曲の多彩なトラックから成るIvy Soleのサードプロジェクトです。このアルバムはIvyの家族をテーマに、その環境が彼女自身の自己認識や恋愛にどのように影響しているかを表現した作品なのだそう。

「このアルバムは、両親のラブストーリーを振り返り、それが私の心の問題の軌跡をどのように形成したかを考えるつもりで書いたんだ。」METAL

「80年代に母は継父と結婚したけど、継父は刑務所に入ってしまい、同じような施設から出所した父と関係を持つようになった。継父が戻ってきたことで、私の人生は彼の存在によって形作られたんだけど、それは父と母の関係や親としての姿に大きな影響を与えたんだ。」METAL

彼女の生い立ちには、母親、父親、義父の複雑な関係があるようですね。

「私のセクシュアリティは、いつも普段は口にしないものだっただけ。家族が原因で、自分らしく生きることが難しくなることがある、という感覚は多くの人が共感できるんじゃないかな。」INTO

より内省的なリリックを届けることが相まってなのか、前作の『Overgrown』よりもメロディアスな雰囲気のトラックで構成され、フローをより濃く感じます。一方で、どこか不穏な雰囲気を感じる(気がする)のもこのアルバムの魅力だと思います。

最後に

Ivy Soleを紹介しました。『Candid』3部構成になっているみたいで、深掘りしまくれそうな内容だったのですが、Geniusにリリックが載っていなかったため断念(本当は7割くらいIvyが語るコメントが難しすぎて断念)。

ただざっくりとでも作品のテーマを知ってから、最初に聴いたときの「独特のもの淋しさ」みたいなものの裏付けが取れた気がしました。深い。

今回はここまでです。最後までお読み頂きありがとうございました。

おすすめ記事:Smino / セントルイスをルーツに持つソウルディテールラッパー

Reference

Bandcamp「Ivy Sole’s “Overgrown” is Rooted in Struggle, Spirituality, and Triumph」
Scalawag「Getting ‘Candid’ with rapper Ivy Sole」
HRMNY Presents「Ivy Sole」
METAL「IVY SOLE RAPPING FOR THE COMMUNITY」
VIBE「The New Class Of Femcees: Ivy Sole」
EARMILK「Brooklyn artist Ivy Sole’s ‘Candid’ is the culmination of a lifetime of daring artistic expression [Interview]」
NPR「Ivy Sole’s ‘Life’ Reassures That Pain Is Temporary」
wxpn「Vibing Out With Ivy Sole: A conversation with one of Philly’s most exciting new MCs」
wxpn「Watch Ivy Sole and Anyee Wright ride around in “Backwoods” music video」
stereofox「One More Night」
INTO「Queer Rapper Ivy Sole Is Telling You The Truth, You Just Have To Listen」
VICE「Ivy Sole Is the Philly Rapper Who Wants You to Forgive Yourself」

Cite from Thumbnail Image

facebook.com/ivysolemusic