Written by cookie

キッド・カディに注目されたカナダ・トロント出身のラッパーDijahSBとは

Artists HipHop Music

カナダ・トロント出身のラッパーDijahSB。

2020年に『2020 the Album』という作品で知ってからというもの、リリース情報などがあれば迷いなくチェックしていたラッパーです。最近ではキッド・カディに注目されるなど、活躍の幅が着実に広がっている様子。

これまでどんな作品を出してるんだっけ?という辺りを中心に、ラッパーDijahSBを深堀りしていきます。

目次

  1. DijahSB(ディージャSB)とは
  2. DijahSBのヒット&ハイライト曲
    1.Frontin’ Like Pharrell
    2.niLL – Control feat. DijahSB (Prod. O Adotado)
    3.New Harrison
    4.I Wonder
    5.By Myself
    ex.一番おすすめのアルバム『2020 the Album』
  3. 「DijahSB」になる前の活動について

DijahSB(ディージャSB)とは


DijahSB(ディージャSB)は本名Khadijah Payne。オンタリオ州トロントを拠点に活動するラッパーです。

Spotifyの人気プレイリスト「Northern Bars」「Fresh Finds」「Fresh Finds Hip Hop」などにも取り上げられ、特にうつ病やメンタルヘルス、経済的困難などをテーマしたリリックが人々の共感を呼び、徐々に注目を集めています。

彼女は2011年頃からプロデューサーのAstro Megaと、ラップデュオ”Class of 93″として活動。当時は「Kzaraw」という名前での活動でした。

A Harmony、pHoenix Pagliacci、Nyiam、Trace Motivateなどのラッパーとトラックをリリース後、「DijahSB」としてリブランドし、ソロ活動を開始。(「DijahSB」という名前はNike SBラインのシューズからインスピレーションを得たものだそう)

2016年にEP『Manic Luxury』をリリース。2020年にデビューアルバム『2020 the Album』をリリースし、2021年にはセカンドアルバム『Head Above the Waters』をリリース。2021年のPolaris Music Prize(カナダの最高のフルアルバムに毎年授与される音楽賞)の候補にも上がりました。

同年には、カナダの文芸オンライン誌Now Magazineの「The sound of Toronto in 2021」で20人のミュージシャンの1人にも選ばれています。

キッド・カディも注目


オハイオ州クリーブランド出身の人気ラッパーKid Cudiが「tasty」と添え、DijahSBのライブパフォーマンスを
リツイート。Kid Cudiのお墨付きを得たラッパーとして、話題にもなったようです。

この出来事について本人はこう語っています。

彼がそれを引用してツイートしたので、私は30分ほど固まってしまった。自分の身に起こったことの中で、最もクレイジーな出来事だったよ。gal-dem

2021年9月17日にリリースされた6曲入りのEP『Tasty Raps』は、Kid Cudiのツイートに触発されたものだそう。シカゴのラッパーMick Jenkinsとのコラボ曲もあり、着実に名を上げているのが分かる作品です。

DijahSBのヒット&ハイライト曲

Frontin’ Like Pharrell

リリース:2020年7月24日
収録作品:『2020 the Album』

ストリーミングプラットフォームやMVでも再生回数が他の曲の軍を抜く曲。流れるDijahSBの流れるフローが味わえる曲ですね。

niLL – Control feat. DijahSB (Prod. O Adotado)

リリース:2021年2月19日

ブラジルのラッパーniLLとのコラボ作品です。niLLの6枚目のミックステープ『Blu』の唯一のシングルカットなのだとか。

New Harrison

リリース:2021年4月23日
収録作品:『Head Above the Waters』

カナダのラッパーTerrell Morrisをフィーチャーした曲。プロデューサーHarrisonのビート感もバッチリ。個人的に好きな曲です。Terrell MorrisはカナダのラップグループGhetto Conceptのメンバーであるドロを継父に持つのだそうです。

I Wonder

リリース:2019年4月5日

カニエ・ウェストの同名の曲からインスパイアを受けたという曲。テイストは違いますが、 どちらの曲もLabi Siffreの「My Song」をサンプリングしています。

Kanye West – I Wonder

Labi Siffre – My Song

That’s Alright!

リリース:2020年
収録作品:『Girls Give Me Anxiety』

2020年末にリリースされた4曲入りのEP『Girls Give Me Anxiety』に収録。トロントのラッパー/プロデューサーであり、Clairmont The Secondとのコラボ曲です。

By Myself

リリース:2021年4月23日
収録作品:『Head Above the Waters』

「New Harrison」のトラックも提供していた、カナダのプロデューサーHarrisonとのジョイント曲。

ちなみにHarrisonは、Daniela Andrade、Ryan Hemsworth、Sean Leonなど、カナダ有数のアーティスト達とコラボしているプロデューサーなのだとか。

『Head Above the Waters』では「Big Waves」という曲のトラックプロデュースもしています。

Big Waves

一番おすすめのアルバム『2020 the Album』

個人的に一番好きなのが『2020 the Album』。自分がDijahSBを知るきっかけとなった作品であり、ローファイで重いみのあるサウンドや、バウンシーで深みのあるハウスミュージックに惚れた作品です。

「DijahSB」になる前の活動について

元々はプロデューサーのJermaine”Astro Mega”と「ClarkeClass of 93」というデュオで活動していたDijahSB(当時は「Kzaraw」名義)。

冒頭部分でも書いた通りClarkeClass of 93時代には、A Harmony、pHoenix Pagliacci、Nyiam、Trace Motivateなどのアンダーグラウンドのラッパーたちとトラックをリリースしていたそうです。

Class of ’93 Soul Runner ft A Harmony and pHoenix Pagliacci

KZARAW ft Nyiam – F.O.M.F. (prod. Futurewave)

Class of ’93 ft Trace Motivate – Blue Night

ClarkeClass of 93では2枚のアルバムもリリースしていました。全体的にブーンバップな空気の漂うアルバムたちです。気になる方はどうぞ。

最後に

「Kzaraw」として活動していた頃と比べると「DijahSB」として活動してからは、ハウスミュージックを初め色々なサウンドを多く取り入れている印象です。

このような音楽を探求するきっかけとなったのは、同郷のハイチ系カナダ人プロデューサーKaytranadaの影響が大きいそうなんだとか(特に『Bubba』というアルバムに一番刺激を受けたそう)。

日々進化している感じで、コンスタントにリリース情報も回ってくるので、これからどんな作品を出すのか楽しみです。また、バチっと来るリリース情報などがあれば、発信したいと思います。

最後までお読み頂いた方、ありがとうございました!

おすすめ記事:J Cole(Jコール)の最新アルバム『The Off-Season』に込められた意味とは

Reference

Bandcamp「A Guide to Acclaimed Toronto Rapper DijahSB」
Lovablevibes「DijahSB On Kid Cudi’s Co-Sign, Non-Binary Representation In Rap & More」
VICE「DijahSB Is One Verse Away From Victory」
gal-dem「DijahSB is the Kid Cudi-approved rapper dismantling gender」

Cite from Thumbnail Image

facebook.com/DijahSB